Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉浦貞と潤inoue. 第3話『涙も笑顔も続きは明日』

シナリオが決まり、絵コンテが上がり、そして作画の段階がやってきました。
頭の中では高らかにサバイバーの「アイ・オブ・ザ・タイガー」が鳴り出します。
そう、ついに潤inoue.の出番です。

・・・が、その後、彼は思いがけず苦悩し、そして自分の未熟さを痛感することとなります。

その理由は、まず自分の好きなように描いてきたそれまでの作品と全く質が違う
“紙芝居”という絵を描くことに予想以上に手こずったこと。
(最初からわかっていたことではあったのですが・・・。)

そして、その芝居の鑑賞者は、恐ろしいことにこの世で一番遠慮がなく残酷な批評家であったということ。
言うなれば普遍のモンスターオーディエンス。

すなわち・・・「子供」です。

「潤君、小さい子供を引き付けるのは大変や。絵のタッチ、色、パース、子供の目を集めたいポイント。
今までの紙芝居の絵に蓄積されたあらゆる法則を使って魅力のある絵を描いていかなアカン。」
杉浦さんは言います。

「紙芝居の絵はあらゆる絵の原点や。全てがここにある。
今まで誰にも教えたことはないけど潤君、お前だけにその極意を教える。」

「やっぱり北斗神拳かい!」と99%の関西人はやはりそこで突っ込むことでしょう。
しかし、第1話に書いた通り潤inoue.は残り1%の貴重な関西人です。
杉浦さんの教えられるがままに素直に聞き入れ、どんどん筆が進んでいきました。

やっぱり続く・・・。

眞弓

01-05.jpg

杉浦貞と潤inoue. 第2話『ねぇ君、ぼくはこう想うのさ、人生なんて紙芝居だと』

その日を境に潤inoue.の絵が変わっていったと聞きます。
そして、心の中で「杉浦のお爺さん」から「杉浦の恩人さん」と呼び方も変わりました。

時は過ぎて約10年、1本の電話が鳴りました。

「おぅ、潤君か。今度、東北の子供たちにボランティアで紙芝居見せに行こうと思うんや。
その為に新作を作る。もう話はもう決まってて、テーマは『はやぶさ』や」
恩人さんからでした。

「その絵を描いてくれへんか。潤君しかおらんのや」

「・・・わかりました。やらせていただきます」
潤inoue.は二つ返事で引き受けました。

「自分を変えてくれた杉浦さんの為にやろう」
潤inoue.は心に決めました。

続く・・・。

眞弓

01-02.jpg

杉浦貞と潤inoue. 第1話『でっかい夕陽を背中にしょって』

現在、日本で唯1人のプロ街頭紙芝居師と言われている杉浦貞氏(昭和6年生、御年80歳)と
潤inoue.との出会いは学生時代だったと聞きます。

杉浦氏の学生時代ではなく、潤inoue.の学生時代です。

「お前の絵は死んでいる」
杉浦氏にデッサン帳を見せた潤inoue.は、いきなりこう言われたそうです。

「ケンシロウかっ!」
99%の関西人はそこですかさず突っ込むことでしょう。
しかし、潤inoue.は幸運にも残り1%の関西人でした。

その言葉に「はっ!」と気付かされたと聞きます。
「図星だ・・・」と。

それまで「綺麗に描こう」とか「かっこ良く描こう」とかばかりに気を取られ
言わば「仏を作って魂込めず」だった事にその言葉で気付いたのです・・・。

続く・・・。

眞弓

11人はいる!

このブログを初めて3週間。
定期的に見ていただいている方が11人おられます。

この数字が多いか少ないかは「しょこたんぶろぐ」と
比較していただければ良いと思われますが、何事も継続。
例え数十万人が見るブログに成長したとしても、初心は忘れないようにしたいと思います。

その11人の方々には其々のおられる方角に向かって
深々とお辞儀をさせていただきたい気分で一杯です。

さて、以前より一部では伝えさせていただいておりましたが、
潤inoue.が描いた紙芝居が完成致しました。

kamishibai_DSC0783_blog.jpg
全てが見えないようにわざとボカシて撮影しております。

コレについてはプロ紙芝居師の杉浦さんとの物語があるのですが、それはまた別の日に。

眞弓

シックリアファイル完成しました。

日本では「カエル」は「お金が返る」として縁起の良い両生類とされております。
私たちは毎年、潤inoue.作品でカレンダーを作っていましたが、今年はコレを作りました。

_DSC0745_blog.jpg
クリアファイル。本日午前着。

実はこのクリアファイルに使われている「シックリ」という作品は何気に最新作です。
お客様のご希望により先月描かれたモノで、前の「シックリ」とは色と形が微妙に違います。

昨日、南河内郡まで納品に行き、潤inoue.がお客様に作品の説明をしました。
「この作品は右向きと左向きのカエルがたくさんいる中で、影がある向き合った2匹のカエルがいます。同じように見えるたくさんのカエルがいる中で2匹だけが何故かシックリいっている。恋愛の不思議な感じも表しています。」

お客様が「へぇー」と言われたその横で、私も「へぇー」と言いました。

お金が返って縁も結ばれる幸福の『シックリアファイル』です。
クリアファイルの命名(私)もシックリいきました。
出来は良いです。

眞弓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。