Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mk713.blog.fc2.com/tb.php/23-832bbc93

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

銀閣寺、東求堂、同仁斎、そして四畳半。①

世界遺産、慈照寺。
銀閣寺の正式名称である。
足利義政が文明14年(1482年)に建造した東山文化の象徴。
そして、その敷地内に遺構として東求堂が存在する。

持仏堂、東求堂。
義政は浄土信仰の象徴として東求堂を建造し持仏堂とした。国宝指定。
そして、禅宗様式の庭を周りにめぐらせたその建物の中にある義政の書斎、
それが同任斎である。

書斎、同仁斎。
義政は武事よりも文事を好み、同仁斎で芸術三昧の日々を過ごしたと言われている。
床の間こそないが付書院、違い棚が備わり、畳が敷き詰められた日本最古の書院造。
そして、その畳は四畳半である。

TATAMI、四畳半。
大辞泉では『和室で畳四枚半敷きの部屋』とある。
「わかっとるわ!」という言葉で表され、それ以上でも以下でもない。

大手出版社小学館の辞書では、たった12文字の無機質な言葉で表された四畳半。
されど四畳半、実際にはそれ以上の意味が含まれている。

続く。

眞弓

yojohan.jpg
モンドリアンが畳に影響されたかどうかは今となっては誰にもわからない。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mk713.blog.fc2.com/tb.php/23-832bbc93

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。