Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mk713.blog.fc2.com/tb.php/16-18dcf8ef

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

杉浦貞と潤inoue. 最終話『そして、誰もが主人公』

「アカン!こんな絵で子供の心は打たへん!」
思いがけない杉浦氏の言葉でした。

「はっ!」またしても潤inoue.は気付きます。
「無意識の内に杉浦さんに早く持っていって喜んでもらうことが先走っていたかもしれない・・・」

「持って帰ります。全部やり直します」
今度は心を込めて全部に修正を入れました。

「今年の前田敦子の忙しさに比べたらこれぐらい・・・」
潤inoue.は寝る間も惜しんで描き直しました。

数日後。

「そうや!これや!これでええんや!」
描き直した絵を見て杉浦さんは子供のように喜ばれたそうです。
「これを持って東北に行くで!」

それを見た潤inoue.は心の中で泣きました。
本当にやって良かったと。

「今、僕に出来ることは精一杯やった。これが僕に出来ることやったんや」


↑いまここ。

それからこの紙芝居はどうなって行くのでしょうか。
後日このブログでお伝えしたいと思います。

杉浦氏は「東北に行く前に大阪の子供たちの前で何度か紙芝居を試す」と仰ってたそうです。
私も「大きなおともだち」として子供たちに混じって水あめ片手に拝見しようと思っています。

そして、その帰りには紙芝居を見た公園の近所の人気ラーメン店を「食べログ」で調べて
潤inoue.と打ち上げです。もちろんバリカタです。

「もう伸びた麺はコリゴリだ」(潤inoue.)

終わり。

03-05.jpg
やっと完結した~!年跨いでもた~!






最後になりましたが、

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

眞弓


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mk713.blog.fc2.com/tb.php/16-18dcf8ef

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。